FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花」「女の人」「お供え」

「お兄さん、プレゼントかい?」
 僕が家の近くにある花屋に訪れるなり、その店の女主人は見ていたテレビから目を離し、そんな台詞で訊ねた。
「いえ。お供えで」
 僕はにっこりと微笑んで否定した。実のところ、自分でも不思議なくらい素直に笑えたにびっくりしていた。ここに来るまでは感情に不安定な部分があって、鬱状態だったのだが、人工の香料ではない天然の花の香りのアロマで気分が良くなっていたのかもしれない。
 この花屋は、二十年以上住む家から徒歩1分弱にあるのだが、女主人の顔を見たことがある程度にしか覚えてないくらい訪れたことは数える程しかない。そのせいか、どのような規則で花が配置されているのか分からず、目的の花もどこに置いてあるのか分からなかった。
 向こうも近所には住んでいるのは分かるが、誰だか分からないくらいには僕のことを認識しているみたいで、少し無遠慮に、「お供えだったら、鳳仙花とか彼岸花かねー」、とその種の花をまとめようとした。
 それを僕は慌てて止めた。
「お供えなんですけど、この花でお願いできませんか?」
 お世辞にもあまり広いとは言えない店内で見つけたその花を指差した。それは今この瞬間にも綺麗な紅色の花を咲かせていて、その気品さが様々な種類のある花の中でも取り分け格調高いランクに位置付けている一輪の花。社会人2年目の僕には1本辺りの単価も決して安いとは言えなかった。
 しかし、それはもう決めたことだった。
 女主人にはお供えでその花を持っていく意味が分からない、という顔をされた。それは当然かもしれない。その花はお供えにするにはあまりに派手過ぎるから。
「この花でいいのかい」
 女主人の最終確認に笑顔で応じた。
「ええ。その花です」
 なんだかんだいいながらも結局首を傾げてこちらの様子を伺いながらも女主人はきちんと花を束にまとめてくれた。きっと女主人には最後まで意味は分からなかっただろう。
 僕は代金を支払い、一抱え程もある花束を持って花屋を後にした。


 そろそろ夏も終わりだというこの頃、セミもさほど鳴かなくなり、家ではクーラーをいれることも少なくなってきていた。今年の夏はあっという間に過ぎ去ってしまって、夏が始まったのがつい昨日のように思える。主観的に感じる短期間に夏の気配はどこかへ飛んでいってしまったのではないか、と思えるほど素早く季節の色が変わっていた。
 電車の駅までの7キロの道のりを自転車で毎日向かっているこちらの立場としては暑くないのは非常に助かるし、仕事前に汗をかくことを気にしなくてよくなるのは嬉しいことだ。真夏の日に途中自転車がパンクしてしまった時はどうしようかと思った。
 仕事の同僚にはバイク持ってるんだし、バイク使ったら、と言われるが、確固として自転車を使うことに固執している。馬鹿だなあ、とよく笑われるが、それでもいいと思っている。
 でも本当は、去年は電車の駅までバイクで通勤していた。今バイクを使っていないのは、免許を剥奪されるような事件を起こした訳ではなく、ガソリン代を惜しむ程守銭奴でもないのだが、1年前に旅行先で事故に巻き込まれたからだ。今この道を自転車で通うのは高校時代に、彼女と駅まで一緒に通学したこの道の空気を長く吸っていたいからだ。
 今日は部長に無理を言って有給にしてもらった。こちらとしては同僚の仲間には申し訳なかったのだが、理由を言ったら同僚立の方が申し訳なさそうな顔をした。
 花束を自転車のかごにいれ、いつもと同じように自転車で駅まで着て、電車に揺られ目的地へと向かう。ただし常日頃向かっている会社とは正反対の方角。
 電車の中でこんな大きな花束を持っている人が珍しいのか視線が自然と集まるが、僕はそれを電車の外の景色を眺めることで受け流した。
 20駅ほど離れた駅で電車から降りた。真昼なせいか、それともまだ彼岸の季節からは遠いせいか、この駅で降りたのは僕一人だった。もともとこの駅は彼岸の日のためにある駅なのだから。
 アロマの効果はとっくの昔に消えてしまい、すでに笑顔になれるほど喜怒哀楽の感心は持っていなかった。感情の宿っていない目で何となく駅名を見る。
 白井参道霊園前。
 確認したわけでも、疑ったわけでもなく、ただここがそうなんだな、と思っただけだった。
 霊園へと至る階段を登って少し進んだところに彼女の墓はある。僕の1週間だけ妻だった人の墓が。黒色の墓石の下に彼女は眠っている。今日で一回忌なのだ。
 涙は彼女が亡くなった時に涸れてしまったのかもうでない。今では悲しいという感情すらなかった。結婚旅行で事故に巻き込まれるという最悪なパターンで将来を誓いあった相手を亡くしたのに。
 結婚生活は短かったが楽しかった。それゆえに突然失ったときの悲しみは大きく、人格に影響を与えるほど大きな出来事だった。
 僕にはもう悲しいという感情はない。僕はもう彼女の死を嘆くようなことはしないし、嘆くような感情も持ち合わせていない。そのことを悲しいとも思わない。
 彼女の墓石の前に、薔薇の花束をそっと置いた。その花は彼女が好きだった花であるのと同時に僕の最後の悪あがきだった。
 薔薇の花言葉は『愛』。
 彼女のことを想えない代わりに、そこに彼女への愛だけを置いて行く。沢山の薔薇と共に。
「まだ立ち直れてないけどさ、前向いて生きてくよ」
 その時一陣の風が吹いて薔薇の花束がなびいた。それが、頑張ってという彼女の返事である気がして、それだけで満足だった。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

12 | 2019/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

白石歌香

Author:白石歌香
こんにちわ 大学1年生の 
白石歌香 っていいます。
もちろん半値です。中身は男ですー。

半値の由来は誕生石と自分の名前です。

杏エヴァン1位目指して奮闘中。

めいぽでは 現在ヨゼリア っていうキャラ使ってます。
でも未だにヨゼリアって名前に慣れないっていう。
呼ぶときはリカイナ、でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。